<   2006年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧


カリグラフィー展

明日から、京橋のギャラリーくぼたでカリグラフィー愛好家のグループ展があります。

6月に入ってから慌ててエンジンかけて取り組みましたが、
久しぶりにエンジンかかってきたかなぁ...
と思っていたらタイムアップ。
日中は落ち着かないので描けませんでしたが、
夜、子供寝かせて主人か帰宅してから可能なかぎりスタジオに足運んで描きました。

私にとってカリグラフィーの作品作り、わかりやすい英文(言葉)のメッセージを私なりに表現したい...あまり難しく考えずに取り組んで描いています。

本当に久しぶりのグループ展です。
他の参加者達は力作ぞろいです。
お時間の有るときに、ぜひお立ち寄り下さい。

私は最終日の午前中には現地で受付しています。
ぜひ、声かけて下さい。


第7回 アルファ・クラブ作品展
-Birds Eye View of Calligraphy and Letter Arts-
カリグラフィーの鳥瞰図 - 文字の世界を見渡して

東京展
   2006年8月1日(火)ー 2006年8月6日(日)
   時間 10:30〜19:00
     ※最終日のみ10:30〜15:00
   場所 ギャラリーくぼた(本館1&2階)

HP
http://www.masamisa.com/alpha_index




時差ボケですが、何とか搬入のみ済ませてきました。
今回何の手伝いもしていません。
スケジュール的に出来ませんでした。
本当に、申し訳ないぐらいです。
参加出来ただけ良しとしてくださいね。
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-31 14:48 | 趣味

ただいま

今日の昼過ぎに自宅に戻りました。
あまりに東京が涼しくてびっくりしました。
ローマは朝少しだけ涼しかったけど、
でも夜も10時ぐらいまで明るくムシムシ暑かったです。
1番暑かったかな?
ドイツ、スイス、サルディニアは朝晩涼しくなるからね。

ローマの飛行場には朝食抜きで2時間近く早くに行ったのに、
イタリアのマークの入ったユニフォームを着ている学生の団体と、
アメリカから来ているやはり学生の団体の列の後ろになってしまいました。
一般客はほとんどいない状態。
それなのに団体客と同じ列なのでものすごく待たされました。

荷物も最後の夜に買ったサルディニアの置物が割れ物扱いになるので、
そこではチェックイン出来ずに他に回される始末です。
搭乗出来たのはぎりぎりでした。汗だくでしたよ〜。
今回、ミラノからローマの4時半の列車、タクシー数回、
今回の飛行機とあまり乗り物には恵まれなかったかもしれません。

アムステルダムの空港で、にしんのサンドイッチとビールを楽しみにしていましたが、
生のハイネケンビールではなかったし、
サンドイッチのパンもフランスパンみたいなのではなく柔らかいパンで、
ちょっとがっかりしました。

機内食では牛丼かトルティリーニ(パスタ)だったので、牛丼を選択しましたよ!
息子は懲りずにパスタ食べていましたが... --;

行きより少し短めのフライト、
珍しく私は眠れず映画を2本鑑賞。
そして後は70〜80年代にヒットした音楽を聞いていました。
特に、Fleetwood Mac、Eagles、ABBAは懐かしかったですよ〜。
今回ドイツに行ったから余計に昔を思い出すことが出来、そのせいかな?
寝られなかったのは...。
息子も『アイスエイジ2』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』を最後まで見てしまい3時間ぐらいしか寝ていませんでした。

成田では始めてといっていいほど荷物が出てくるのにものすごく時間がかかり、
なかなか割れ物が出てこなかったので冷や冷やしていました。
帰宅して確認したら、やはり若干破損していましたよ....
許せる程度です。

成田から自宅に向かう途中、息子のリクエストで軽食休憩。
念願のシャケおにぎり、ざるウドン半分をリクエストしたのに、
その後はモスバーガー見つけてハンバーガー食べたがっていました。
やはり現代っ子ですよね。

途中お豆腐や納豆等の和食の食材を買って帰宅。
夜はお刺し身と冷ややっこでした。


ながい間留守にしたので、普通の生活に戻るのには少し時間がかかるでしょう。
画像も少しずつアップしていきます。
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-30 20:28 | 休暇/旅行

アメリカ的に大喜び (苦笑)

ローマの空港ホテルから...続きです。
息子はローマの空港ホテル、ヒルトンホテルに大喜び。
ベッドも大きいしアメリカ的だからでしょうか...。
やはりハワイの方が合っているかもしれません ^^;
久しぶりのハンバーガーに大喜び、バスタブにも喜んでいました。
今回の旅行で、一番綺麗なホテルだねっと言われました。

今回の旅行、息子と一緒だったので、
出来るだけ現地らしい雰囲気の場所と宿泊施設を選びました。
息子には将来バックパックかついで色んな国を自分の足で旅行してもらいたいです。
バスタブもない、冷房もない、B&B的な所にしたのは良かったと思っているのですが...。
やはり私たちは贅沢になっているかもしれませんね。
冷蔵庫で水冷やしたくなるし、冷房も無いより合った方が良い、バスタブも欲しい...
シャワーも使いたい放題...。

今回の旅行、色んな意味で感じてくれると良いのですが...。


しかし、父親が登場してからは、頼りがいのある息子も甘えっ子になってしまいました。
私の前では頑張っていたのになぁ。
ちょっと複雑です。
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-29 00:43 | 休暇/旅行

7月28日 サルディニアからローマの空港ホテルへ

朝10時に部屋をチェックアウト。
夕方5時まではホテルに滞在しました。
今朝、息子はさすがに起きれず食欲もなし。
部屋に息子を留守番させて軽く朝食取りに行きました。
サルディニアのホテルの朝食では、手作りヨーグルトが一番のお気に入りです。
サルディニアの蜂蜜をいれて頂いています。

部屋を出た後はプールサイドに行きのんびり昼寝していました。
今日はこちらに来て始めて曇っていたような気がします。
涼しいぐらいで気持ちよかったです。
父と子は再び、海までスノーケリングに出かけました。
今日もプールサイドのストレッチには参加しないでいたら、
こちらに来て始めてインストラクターの人に
「ボンジョルノ」
と声かけられましたよ。
その後のアクアビクスは、
お客さんが入れ替わったらしく参加者が少なかったので参加しました。
その時も始めて英語で声かけられました。
何となく今まで参加していても無視されていたみたいで居心地悪かったのですが、
帰る日にやっと...そんな感じでしょうか。

昼も近くの村にピザとパスタを食べに行きました。
そのときにハッと、カメラを荷物の中に入れた記憶が無い事に気がつきました。
昨夜夕食取りに行った時には持っていたのですが....
主人も記憶が無いとか。
結局最後カメラ使ったのは私で、
昨夜のレストランに行って従業員の方に聞きましたが知らないとか。
そのままベッドメイキングしている人に聞いても見ていない....
ショックですよ〜。
カメラも大切ですが、
イタリアに入ってからの画像が入ってるメモリカードが無くなってしまいました。
息子にとっても大切な想い出が写真として残らないので、がっかりです。
DVDカメラはありますが、写真がないとイタリア以降のブログも画像がアップ出来ません。
午後は一人でかなり落ち込んでいました。

夕方4時前にプールからあがり、
シャワーと着替えをしてから5時に来てもらう事になっていたタクシーを待ちました。
空港からホテルまでは空港で捕まえたタクシーで130ユーロも取られ、
帰りはホテルで手配したタクシーで90ユーロです。
ここでもタクシーにやられた...といった感じです。
しかし、タクシーでどこの道走っているのかわからないから、仕方ないですね。

予定より一時間早い飛行機でローマに着きました。
一時間早く着いても夜の9時近く。
ローマではヒルトン・エアポートホテルに滞在しています。
父と子はハンバーガーを頼んでいましたよ。
さすがにパスタとピザはしばらくいらないそうです。
シーフードもいらないとか...
私も数日ぶりに仔牛のカツレツ・ミラネーゼをいただきました。
が、やはりアメリカのエアポートホテルの食事です。
日本を発って以来のバスタブに感激してのんびり浸かって来た所です。

明日はこちらを朝の10時過ぎの飛行機でアムステルダム経由で東京に帰ります。
日曜日の昼前には成田に着くでしょう。




はやく帰りたい...
日本人で良かった、そう息子も言っていました。
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-28 23:41 | 休暇/旅行

ごめんなさい

サルディニアに来てから気がつきました。
でも、理由がわからなくて、そして今日始めて気がつきました。

私の個人メールアドレスのアカウントが一杯でした。
17日以降メール送ってくださった方達、届いていません。
今夜アカウント空にしました。
ご迷惑おかけした方達、ごめんなさい。


明日の朝、チェックアウトして夕方までここに滞在、夜の飛行機でローマに向かい、
ローマのエアポートホテルに滞在して土曜日の朝にアムステルダム経由で帰国します。
母と息子、もう日本が恋しいです。
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-27 22:58 | 独り言

7月27日 サルディニア4日目

今日は朝一番に主人がホテルのビーチに場所取りに行ってくれたので、
午前中はビーチで過ごしました。
ビーチといっても、ごろごろ岩があり、
ちょっとした平の空間に板を渡してサンベッドが置いてあります。
9時すぎた頃にスタッフがパラソル立ててくれます。
この空間は数が少ないため、競争です。
今朝は家族皆がゆっくりしていたので、
朝食取りに出た8時半過ぎで最後のひとつが空いていたそうです。

今回私はビーチサンダルしか持ってこなかったので、
ホテルで貸してくれるゴムシューズのサイズも合わなくブカブカ。
一度海に入り、マスクだけ使って海の中見ましたが綺麗です!
私も持ってくれば良かったとちょっと後悔しました。
夫婦ともにダイビングやっていたのは今から10年以上前、
マスクもフィンも持っているのですが、
実家の納戸奥に眠ったままです。
きっとゴムが駄目になってるでしょうねぇ。

今回、息子がスノーケリングに目覚めたので、次回からは捜してこちらもつき合わないと...。
しかし、この青く透明度が高い海に慣れてしまったのでは湘南の海では駄目でしょうねぇ ^^;
NYに住んでいた頃カリブの海に潜りに行っていましたが、
カリブの海とも色が違いとても綺麗です。
ダイビング出来るスポットがあるようなので、今回潜れないのが残念でした。
まぁ、何年もダイビングもしていないから、
また一度講習受けないと駄目かもしれませんが...。

今日は昼も夜もホテルの外で外食です。
このホテルは悪くはないのですが、なんとなく日本人に対して差別も感じます。
今日は私なりのストライキのつもりで、
プールサイドのストレッチもアクアビクスも参加しませんでした。
英語話せるスタッフなのに、イタリア語で通します。
それは良しとして、ニコリともしないから何となく嫌な感じ。
チェックインした時からホテルの説明もあまりしてくれなかったので、
初日の夕食時にはやたらと待たされたり、二カ所あるレストラン、
シーフードレストランの存在に気がついてから2日目に予約入れようとしたら、
「子供にはシーフードは無理なのでは?」
と言われ、すでに予約一杯で席は取れないと言われてしまいました。
日本人の子がシーフード食べないと思われたのが癪ですよ〜。
こちらに来てからボンゴレ、ムール貝、イカにタコに、何でも食べる息子です。
他のテーブルの子達はトマトソースのパスタか、フレンチフライですよ〜。
そんなわけで、歩いてすぐの村の素朴なレストランの食事を楽しむ方が気が楽ですし、
現地の人達と混ざっているので楽しいです。
もちろん料金も安いですよ!

今夜も三種類の貝のアンティパスタ、息子はポンゴレ、私はシーフードリゾット、
主人はからすみのピッツァ、そして最後にイカの炭焼きをいただきました。
大満足です。
白ワインも二本開けても3,000円しません。
ホテルではそういうわけにはいきませんよね。

このレストランだと人種差別なことはなく、
昨夜も行ったので従業員の方達もわかってくれていて、とても親切で居心地が良かったです。





サルディニアのホテルはシシリー島、
南イタリアのアマルフィ海岸のホテルのような高級な雰囲気はまったくりありません。
とにかく素朴で、息子にはとても良かったと思っています。
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-27 22:56 | 休暇/旅行

7月26日 サルディニア3日目

昨夜息子は珍しく、
「明日の朝早いから僕は寝るよ」
そう言ってさっさと着替えて寝てしまいました。
さすがに朝9時からプール、夕方からは岩場をスノーケルで遊び疲れたようです。

今朝は日焼けした肩が痛くてぐずっていましたが、
朝8時半には主人と出かけてしまいました。
夕方5時まで船に乗って釣りです。
私は一人ホテルで留守番していました。

10時過ぎにプールサイドに行き、
11時半からはプールサイドでやっているストレッチに参加、
その後はアクアビクスに参加し、後は読書タイム、またはボッ〜としていました。
このプールサイドはパラソルがなく、各サンベッドに小さい日よけがついています。
顔だけは日に当たらないように隠していますが、無理ですよね〜。
この歳で真黒ですよ...

夕方5時に戻ってくる船を迎えに港まで行きました。
帰って来た息子は船の中で寝ていましたが、釣った魚が立派でびっくり。
それなりに楽しかったようです。
ホテルに戻る途中で、フィンを買ってもらい大喜び。
ホテルに戻ったのは5時半過ぎでしたが、父と子は再びスノーケルに行ってしまいました。

イタリアでも息子の歳(6歳)でスノーケルしているのはすごいみたい。
ホテルに来ている子供達見ても、息子と同じぐらいの子でも浮き輪つけています。
ライフジャケットもつけずに、平気でどこにでも泳いで行ってしまいます。
疲れたら背泳して息継ぎしているみたい...
学校でのスイミングの成果かな?
生後すぐからお風呂で水の中に顔つけさせて、水への抵抗はなく育てましたが、
あそこまで一人で潜ってしまうと少し心配ですよ〜。
現地の子以上に怖いもの知らずで、どこでも大丈夫な子です。
もしここに波が来たらパニックするのではないかと、ちょっと心配です。
イタリアのプールは海水ですからどこでも簡単にプカプカ浮くのもわかっているみたいですよ。
ビーチも波がないから楽なのでしょう。

夕方?7時前に2人は海から上がってきました。
今日の夕飯はビュッフェだったので、歩いて夕飯食べに外に出ました。

小さい村のレストラン、数が少ないですが、どこも美味しいです。
前菜(アンティパスト)に、念願のボッタルガ、パスタも同じくボッタルガ頼みました。
美味しかったですよ〜。
コッツェ(ムール貝)も美味。
素朴ですが、新鮮で美味しいのです。
値段も決して安くはありませんが、日本の庶民的な感じの値段かな。
でも、比較出来ません。
ホテルについているセットの夕飯はもうパスかもしれません。

明日はスノーケル三点セットをゲットした息子につき合ってビーチに行く事になるでしょう。
まぁ、私はひたすら、荷物番か、寝ているでしょうね ^^;
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-26 22:12 | 休暇/旅行

7月25日 サルディニア2日目

さすがに今朝は息子もなかなか起きてきませんでした。
食欲ある息子も胃が疲れているらしく、朝は洋梨とヨーグルトのみ。
私もあまり食欲はなかったのですが、
手作りヨーグルトいただいたら少し食欲が出てゆで卵とロールパン半分いただきました。
うーん、やはり朝食はドイツが一番です。

9時すぎ、10時まで待てない息子とプールに。
昨日の夕方買ったシュノーケルがどうしても使いたかったらしいです。
しかし、半日で真っ赤というより真黒になりすぎたので、
今日は休憩取りながら入る約束させました。
本当はビーチの方に行きたかったのですが、
プールに入りすぎてふやけた足に切り傷沢山作った息子が嫌がり、夕方までプールに...。
午前中はのんびり読書しながらプールサイドで過ごし、
私はプールサイドでやっていたストレッチ30分、アクアビクス30分に参加しました。
すべてイタリア語ですが、何とかなるもんですね。
馴れでしょうか?  ^^;

遅い昼を昨夕探検した村でいただきました。
家族でムール貝とアサリをアンティパストでいただき、息子は大好きなボンゴレ、
私は念願のボッタルガ(カラスミのスパゲティ)のパスタ、
主人は頼みたい物が出来ないと言われて三種類の肉のグリルとなりました。
とても素朴な村の素朴なレストラン、イタリア語以外は通じません。
が、なんとかコミュニケーションは取れました。
私、どこの国に行っても、言語がわからなくても何とかなるみたいです。
感でしょうか...。^^;
いやぁ〜日本の高級イタリアンに比べてはいけないかもしれませんが、
素朴で美味しかったです。

ホテルは朝夕込みで、朝食に行った時に夕飯のメニューが配布され夕飯のコースを選ぶ事になっています。
サディニア名物ののボッタルガはまだリストには乗っていません。
今日はバレンシア風のパエリア、Dolphin Fishになっていたので、
first、secondコースと選んでみました。
さて、昼とどちらが美味しいかな?
ランチに関しては家族三人とも満足でした。
このホテルは悪くないけど、昼はビュッフェなのでつまらないです。
一人16ユーロ、高いですよね。

やっと私はダ・ビンチコードを読破しました。
主人が来てから読書タイムができましたよ。
息子と主人は夕方から岩場だらけのプライベートピーチに行っています。
スノーケリングが出来るようになったので、
きっと魚が泳いでいる姿が見えて楽しいと思います。
すでに一日半で家族皆が真黒。
いくら日焼け止めしても無理みたい。
私は顔だけは何度も日焼け止めクリーム塗って、サングラスと帽子冠っていますが無駄な抵抗だけ..。
今回始めて水着もビキニに挑戦、ここではどんなおばさんでも皆ビキニです。 ^^;
だから恥ずかしくないから良かったです。(本当はとても恥ずかしいけどね!)
ハワイや日本のビーチでは無理ですね ^^;

明日は息子と主人は一日船で釣りに行くそうです。
朝9時から夕方5時までなので私は遠慮しました。
他にもお客さんいるし、船酔いしても戻れない、かんかん照りでも逃げ場が無いからね。
ドイツからローマまで息子につき合ったので明日は主人に任せます。
いろんな島々にいく船なら喜んでついて行きますが、釣りでは...。
主人は船に弱いからどうなることか...。
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-25 21:46 | 休暇/旅行

やっと繋がったよ...

ここサルディニアでやっと繋がりました。
日付はこちらに合わせましたが時間はいい加減です。
現在、父と子は部屋で曝睡中です。
暗いホテルのロビーで繋げています。
毎晩ここで父と子が寝てからブログアップする事になるのかな?

皆さんのコメントが支えになっています。
ありがとう〜!
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-24 23:05 | 休暇/旅行

7月24日 ローマからサルディニア

朝、5時半に起きて6時半に来る車に乗ってローマの空港に向かい、
今回の旅行の最後の目的地、サルディニアに来ました。

8時45分発の予定でしたが、予定より遅れてAlgheroに出発。
国内線ですので1時間で着く予定が、遅れて10時過ぎ。
そこからタクシーで1時間少し、
サルディニアのIsola Rossaという場所にあるTorrenrujaに到着しました。
はっきり言って田舎町です。
以前、ダイビングもしていたので、カリブの島等あちらこちらに潜りに行きましたが、
今までで一番素朴な町? 村の雰囲気です。

日本でサルディニアのホテル探した時は、
日本に代理店のあるホテルしか見つからず、そこを通して予約しました。
正直、ここはクラブメッドみたいな感じの所です。
二食付きなのが良くも悪くもリーズナブル?
こちらに着いてから部屋は窓なしでがっかりしましたが、
歩いてすぐの所にある村?がとても素朴で良かったので救われました。
決して高級でもなく、本当の地元の村っと言った感じでしょうか。
まだ海、ビーチに出ていないから、こちらのレポートは明日以降します。

チェックインしてすぐにプールサイドのBARでビールを。
息子はすぐに海水プールにドボンと飛び込んでいました。
朝、空港で軽くつまんだだけだったので、大人はお腹すいていましたが、
息子は食い気よりプール。
午後1時に開いたビュッフェスタイルのレストランで軽く食事、
その後気がついたら午後の5時半。
それまで、ずっとプールサイドにいましたよ。
息子はほとんど海水プールにつかったまま。
午後、息子はシュノーケリング用のマスク一式を借りたらすぐに使い方をマスターしました。
明日は、ホテルに隣接する岩場でスノーケリング・デビューの予定です。

30分プールに浸かったら、10分休憩という私の息子への指示は全く無視され、
すでに半日で真黒の状態。
さて、3日間どうなることでしょうか。
[PR]

by virgo-Ae | 2006-07-24 23:01 | 休暇/旅行
line

日記のつもりで、本音も暴露? 愚痴ばかりかも... ^ ^;


by virgo-Ae
line
カレンダー