カテゴリ:趣味( 34 )


御岳山

Good Fridayで学校が休みだった息子、
頼み込んで奥多摩の御岳山まで付き合ってもらいました。
お天気がよくて、もっと早くに起きてくれたら、
御岳渓谷を歩いて釣でもさせたかったのですが・・・
予定変更・・・仕方ないですねぇ〜

沢山歩くのは嫌だというので、仕方なくケーブルカーを使って途中まで・・・
f0098728_0383772.jpg

ロックガーデンを周遊してくるコースは、
ケーブルカーの降り場から約2時間半のコースと書いてありました。
ケーブルかの降り場近くからみた景色。
本当ならスカイツリーが見えるらしいのですが・・・
生憎曇っていて見えませんでした。
f0098728_0384596.jpg


まずは、御岳神社に向かいました。
途中瓦葺きの屋根の家が・・・
f0098728_0384991.jpg

ケーブルカーの駅から歩く事約20分? 御嶽神社に・・・
f0098728_0385355.jpg

そこから曖昧な地図を使って二時間半かかるらしい周遊コースを歩きました。

平日だからか、ほとんど人はいません。
途中声が聞こえてきたと思ったら、小学生の遠足で来ていた集団と一緒になり・・・
そこから息子はライバル意識をもやしたらしく、歩くスビードも早くなり・・・
f0098728_0391389.jpg

私を待つため座って遊んでます。
そして、やっと見つけた滝もさっと写真を撮って
f0098728_0391922.jpg


早く行こ〜

駆け足で歩いて元のケーブルカーの駅まで戻ると2時間・・・
早すぎ・・・><;
ゆっくり自分のペース配分を考えながら歩きたかったんだけど、
仕方ないですね〜
11歳の男の子とはスピードが違います・・・
歌を歌いながら、沢山話しをしながら歩けた事は良かったかな・・・

行きは息子が爆睡していたのに、帰りの電車の中では私が爆睡・・・^^;

でも、気持ちよい歩きが出来たかな。
それにしても、疲れましたけど・・・
今度はゆっくり歩きに行きたい、奥多摩も奥が深いからね・・・

これでネパール行く前の最後の歩き?
洗濯して、荷作りを本格的にしないと・・・^^;
[PR]

by virgo-Ae | 2011-04-23 00:53 | 趣味

千葉の山

なかなか長い時間歩く練習が出来ていません。
相方さんのお嬢さんが中学に入り、
学校の予定もわからないため間際にならないとトレッキングに行く予定が決まりません。
私は独りで山歩きをする自信がないので、
相方さんの予定と私の予定が合って初めてトレッキングに行けます。

今回は初の千葉の山。
高い山はないらしいけど、高台から見る景色に期待して行きました。
朝は4時45分起きです!

ここ数日睡眠不足が続いていたので起きれるか不安でしたが、
何とか・・・新宿から高速バスで市原ICの駐車場まで・・・
そこで拾ってもらって向かった先は鋸山。

f0098728_19575710.jpg


ロープウェイもあるし、車でも上がれるそうですが、下から地道に歩きましたよ。

f0098728_19575128.jpg


今月末のエベレスト街道に行くにあたって、
新しくしたザック、その中には歩く時に持つ荷物と同じものを入れて、
衣服も秋バージョンにして・・・
予想では気温は15°ぐらいになるはずだったのに、
山の上では23°あり、暑くて汗だく・・・

私達の向かう場所は11月位の秋冬ぐらいと聞いているのですが、
天気予報を見ると、上は真冬並みなんですよ〜(泣)

まぁ、スタート地点のカトマンズは夏、そして飛行機で飛んだ先は秋。
そこから歩くので幅広く対応出来るようにしておかないといけないのです。
仕方ないですね。

頂上からの景色・・・
反対側に見えるのは先日歩いた三浦半島です。

f0098728_19591744.jpg


良いお天気なのに、1人秋バージョン^^;

f0098728_19584690.jpg



久里浜から来るフェリーが見えます。
一度乗ってみたいな〜
ここの山には日本寺があり、中を一周出来ます。
1300年も前に開山されたそうです。
すご〜い・・・知らなかったです。
http://www.nihonji.jp/

山頂付近にはこのようなお尻がすくみそうな場所も・・・

f0098728_19595117.jpg

f0098728_19594894.jpg


真下を見ると怖いですねぇ・・・

階段を上がったり下ったり、山道を歩いたりと行き着いた場所はここ!

f0098728_19592775.jpg

ご対面という感じで嬉しかったです。
ほのぼの〜
真正面でしばらく棒立ちの私でした。

奈良の大仏様より大きいとは知らず、日本一の大仏様は優しかった!

長期の海外トレッキングでは慣れないソフトコンタクトで歩くので、
馴らすのも必要かと思い挑戦しましたが、
途中一瞬の風で眼の中でコンタクトが無くなり大騒ぎ。
ハードはよく動くのに、ソフトも動くとは知りませんでした。
スペアのコンタクトは持っていたものの、鏡もなく、落としたものと思ったぐらいです。

今回は装備に慣れるのが目的でしたが、
天気もよく、ほのぼのとした大仏様や観音様達にお逢い出来て良かったです。

f0098728_19595777.jpg


東京近郊にこんな素敵な場所があるなんて知らなかったです。
まだまだ日本には良い所が沢山あるって改めて感じました。

来週末は少し長い下りを歩かないと・・・
そして、新しい軽量なポールを使っての練習が出来るといいな・・・

なんていったって、連日平均5〜6時間を5日間通して歩くのは初めてですから・・・
それも参加者は25人プラススタッフ3人・・・
私、大丈夫かな〜^^;
足をひっぱらないといいんだけど・・・

今回、寝不足で歩いたので足下はフラフラ・・・
やはり体調管理はしっかりして歩かないとダメですね。
[PR]

by virgo-Ae | 2011-04-18 20:35 | 趣味

保管場所の確保

レディストレッキングの机上講座に参加してきました。
今日講師のKさんに言われて気がつきました。
もう今日から2年目、2期目に入ったんですね・・・
はい、頑張って毎回参加していますが、学ぶ事沢山あります。
そして、何よりとても新鮮で楽しいです♪

今日は登山道具のメンテナンスの方法・・・
いや〜参りました。
レインウエアは先日買い替えたばかりで、その時に、
スタッフバッグ(収納袋)から出してハンガーにかけて保存して下さいって言われて、
帰宅後素直にそうしました。

そして、今日、新たに小さく畳んでスタッフバッグに入っているダウン、ダウンベスト、
スパッツも出してハンガーにかけて湿気の少ない所に保管した方が良いとの事・・・
そうなると、場所を取ります・・・
その場所がない・・・^^;
なければ、作らないと・・・

ただでさえ、登山靴、ザックは置き場所が・・・
私のザックの中にはいつでも山に行くつもりで上記に記載されているもの一式を
そのままいれてあったのですが・・・^^;
まるで、いつでも山に避難出来る状態ですよ〜

少し山用グッズのスペースを確保しないと・・・
スキーに山に、場所を取るものばかりです・・・><;

そして、もうひとつの趣味の革工芸も、場所取っているんですよね・・・
あ〜もっともっと整理しないと・・・
[PR]

by virgo-Ae | 2011-03-31 00:16 | 趣味

大作完成

夏前から取り組んでいたヌメ革のトートバッグ、
ワールドカップサッカー、南アフリカ大会の時に活躍したパウロ君が主役です。

片側の魚やタコの絵柄は先生が作った一種のパッチワーク、
猫柄、豚柄といろいろありましたが、早いもの順ということで、
タコに惹かれた私はこちらをゲットしました。
f0098728_20243714.jpg

裏は私が縫いましたが・・・
ヌメ革はとにかく堅い、穴を開けるのも糸を通すのも苦労しました。
36cm×37cmのサイズ、ワイン3本は入ります。
f0098728_20243783.jpg

暑い夏、ヌメ革をチクチクするのはかなりきつかったですが、
やっと完成・・・

帰宅して喜んでいたら、予言ダコのパウロ君の死を告げるニュースが・・・
このバッグ完成の日に死んでしまうなんて・・・
ちょっとショック・・・




パウロ君のご冥福をお祈りします。
[PR]

by virgo-Ae | 2010-10-26 20:24 | 趣味

無事に・・・

4×最後に、相方さんに大雪渓を歩く経験をさせてもらいました。

燕岳以来歩いてませんでした。
夏バテ状態がひどく、筋肉疲労が取れず、自信もなかったかも・・・
トレーナーにも筋肉疲労が取れませんね・・・って言われてました。

どこに行くのかはっきりと決めないまま、
朝は5時起き、6時出発だけはわかっていたのでそのつもりではいたのですが・・・
燕の時も蕁麻疹が続き寝不足で歩きかなりキツかったので、
今回はしっかりと休んで行くつもりでした。

木曜日は息子との喧嘩で睡眠時間は4時間という完全な寝不足・・・
せっかく台風の後で涼しくなって寝られたのも1日だけ。
それなのに・・・
金曜日に軽井沢で寝るつもりがちょっとしたことで、寝られず、
また朝も早く起きなくてはいけないというプレッシャーからか、
早くに寝たのに、3時間睡眠・・・
4時前から目が覚めてしまい、仕方なく起きてご飯炊いておにぎり作ったり、
洗濯したり・・・><;

やはり睡眠不足が一番いけないと思いました。
先日テレビでイ◯トさんがモンブランに登ったのを見たとき、
彼女が最後にヘロヘロになっていたのは寝不足だと思います。
天気との闘いの中で起きたまま待機状態が続いたからですね。

今回の行き先は白馬の大雪渓。
昨年も中高年の女性が滑落して亡くなったニュースは見た記憶があります。

天気は最高・・・
この通り山は秋空です。
白馬の駐車場に停めたのは8時ぐらいかな・・・
8時すぎには歩き始めて、1時間少しで大雪渓の前まで・・・
いつもなら歩き始めて10分ぐらいで自分のペースがつかめるのに、
今回はフラフラ・・・
靴もトレッキングのつもりでいたので、登山靴を選ばなかった事に後悔・・・
慣れるまで30分はかかったかな・・・
それでもキツかったです。

f0098728_1830126.jpg


このクレパスが怖いんですよね・・・
f0098728_18275054.jpg


初めて本格的に雪渓の上を歩きます。
昨年の誕生日に相方さんにいただいた軽アイゼンデビューです。
マニュアルをみながらつけましたが・・・

f0098728_18282880.jpg


大雪渓の前までは暑くて汗だく・・・
それなのに、登るの従い涼しくなり、
雪渓の前では寒くて長袖を羽織りました。

雪は気持良いです。
登りは得意ですね・・・
しかし、普通の道とは違います。
かなり慎重に歩かないといけません。
ところどころクレパスもあり、下に流れる水の音が聞こえます。
f0098728_1825462.jpg

空は真っ青・・・
雪は真っ白・・・
山の景色も素晴らしく、感激しながら足元と前を見ながらひたすら歩く・・・

山頂まではさらに3時間弱かかるので、
途中で雪渓から離れておにぎりランチをして下山。
往復約5時間のトレッキングでした。

まだこのときは余裕の私・・・
f0098728_1826211.jpg

この後がキツかったです。

ランチ休憩しているときに気がついたら左足のアイゼンが見つからず・・・
昨年の誕生日にもらって初めてつけたのに片足だけ無くした私・・・
ショックでしたよ・・・

特に雪渓を下山するときが怖くてね・・・
相方さんは登山靴だったので、片方を貸してくれたけど、
もともと下山は苦手・・・
寝不足、経験不足、下山が苦手・・・三重苦?
かなり時間がかかりました。

きちんとしたアイゼンを購入しないと危ないなって思いました。
軽井沢に戻ったのは夕飯前・・・

もうかなりヘトヘト・・・
寝不足もありましたが、体力はいくらあっても足りない感じ。
今朝は身体中筋肉痛で痛くて起きるのもやっと・・・

今のところ、冬山を歩くつもりはありません。
冬山=スキーの私ですから・・・^^;
でも、雪渓の上を歩く事の楽しさを味わってしまった事は間違いありません。
どんどん過激になっていく?
いえいえ・・・
あくまでもトレッキングのつもり・・・

今朝は10時近くまで起きれなかった私・・・
まだまだ足腰を鍛えないと駄目ですね・・・

はい、おかげさまで無事にひとつ歳を重ねる事ができました^^;
[PR]

by virgo-Ae | 2010-09-12 18:31 | 趣味

木曽駒ヶ岳

金曜日の夕方から相方さんと中央アルプスの千畳敷カール、木曽駒ヶ岳に行ってきました。

駒ヶ根からロープウェイが出ているので一気に2600mまであがれます。
ロープウェイは8時から運行と書いてありながらも、
マイカー規制をしているので、駐車場からロープウェイの乗り場のバスの始発が5時すぎ・・・
金曜日の夜は22時前に寝て、朝は4時すぎに起きて支度が出来次第ホテルを後にしました。
5時すぎなのにバスは長蛇の列でしたよ!
8時始発と信じていた私達、この時期は早くからロープウェイも運行していました。
山は朝が勝負だから、当たり前かも・・・^^;
f0098728_20191421.jpg

梅雨明けの山の朝、ピーカンです。
ロープウェイの山頂駅から振り向くと・・・
真ん中に平の山見えますか?
富士山ですよ〜

ここがカール、カラサワも好きですが、ここも負けずに素晴らしい!
高山植物にはちょっと早かったみたいだけど、
十分綺麗でした。
2612mも一気に登ったのでしばらく散策しながら高度順応しました。
f0098728_20163042.jpg

ロープウェイが到着するたびに人が流れ出て行きます。
小さな雪渓を渡りゆっくりとこのカールを約1時間かけて登ります。
f0098728_20405118.jpg

この山の向こうには中岳(2925m)があり、それを越えて駒ヶ岳(2956m)まで更に1時間。
f0098728_20562474.jpg


ロープウェイを降りてすぐに歩き始めたからか、
高山病にかかっている人もいました。
また、簡単に2600mもロープウェイで登れるから軽装な人も・・・
革靴やスニーカーで来ている人は危ないですよ。
どちらかというと、石の上を歩く方が多いので、
今回は、底がしっかりした足首を守ってくれる登山靴にしましたが正解でした。
しかし、中高年の登山者の多いこと・・・
60代のご夫婦で歩いている方達が多くいた気がします。

f0098728_2058129.jpg

最初の山を登りきって振り返ると・・・

以前、女性だけのトレッキングツアーに参加したとき、
ツアーガイドの人がとにかくゆっくり歩きましょうと。
肩幅より狭い一歩だったので、ゆっくりゆっくり、
「ウサギとカメ」の「カメ」のつもりで歩いています。
いくら高度順応して休んでから歩いても、最初の15分ぐらいはキツかったです。
呼吸のリズムを取るのが難しく、ゆっくりゆっくり・・・
と思っても登山客が多いからリズムが狂います。
私は2人で歩いているのに、いつも黙々と歩くタイプ。
話しながらは歩けません。
一人でゆっくり、自分のリズムをつかみながら歩くのがやっとですね・・・
登りは私が少し早く、下りはかなり遅いですよ・・・

次のピーク中岳を目指して歩きます。
この通り足場は小石なので歩きにくいです。
f0098728_20595828.jpg

駒ヶ岳山頂からの北アルプス方面の景色です!
f0098728_20575199.jpg

駒ヶ岳まで2時間、10時前に到着しました。
休憩を少しして、展望を楽しみ、千畳敷に戻ることに・・・
登りと下りでは見える景色も同じ道なのに違います。
f0098728_20425929.jpg

登るときき気がつかなかったですよ・・・^^;

f0098728_2215361.jpg

後ろに見えるのが宝剣山(2931)、てっぺんに立っている人がいましたよ。
こちらに行くと往復40分かかるから、行ってません。

千畳敷カールにお昼過ぎに戻りました。
ロープウェイ、下りの待ち時間は長いときで2時間から3時間と聞いていたので、
待ちながら昼でもと思っていたのですが、あんなにゆっくり歩いたのに、
予想よりかなり早くに戻れました。
後ろを振り返ると・・・
あの山、さらにもうひとつの山を乗り越えてきたんだなぁ・・・
凄いなぁ・・・って自分を誉めたくなりましたよ。
f0098728_20263082.jpg

待ち時間は20分、トイレに行って冷たいドリンクを飲んでの下山。


下山後は温泉に浸かり、地元名物の味噌カツ丼と生ビール!
f0098728_20552238.jpg


f0098728_20551470.jpg


相方さん、いつもありがとう!
それなのに、一人ビールを飲ませていただき、ごめんなさい!
[PR]

by virgo-Ae | 2010-07-25 21:05 | 趣味

大山登山

息子がアメリカに旅立った日の夜から山登りに誘われていたのですが、
予定していた山梨方面の山は道が通行止め。
3連休ですから帰りの渋滞を考えると遠出は出来ません。

相方さんが迎えにくるまでの間にもすでに高速道路では事故が数件・・・
ここに迎えに来てもらうのにいつもの3倍もの時間がかかってしまいました。

結局、出発は深夜近く・・・
何とかカボチャになる前にホテルにチェックインをしないと、
山は朝早いから寝不足では歩けません。

本厚木の駅周辺で宿泊し、
朝6時に起きて7時頃出発、大山に向かいました。
ここは丹沢の中でも比較的登りやすい山と聞いていましたが、
いやいや・・・傾斜がすごい、かなりハードな急坂だった気がします。

都内の人が高尾山にいくように、神奈川の人は大山に登るのではないかなぁ・・・
小学生の頃に登ったような記憶が・・・曖昧ですが・・・
8時頃大山の麓のケープルカー乗り場近くの駐車場に到着しました。
残り2〜3台しか駐車スペースが残っていなかったからラッキーです。

猛暑でものすごい汗・・・
神社まではケーブルカーもありますが、私達は下から歩きましたよ。
f0098728_17175055.jpg

富士見台からの景色・・・
先週途中まで登った富士山、
どうしていつも私が山に行く時は富士山は姿を隠してしまうのかなぁ・・・
富士山の場所にだけ雲があるような雰囲気で・・・
f0098728_17174135.jpg

今回の一押しは景色も湘南の海岸線が見渡せ、江ノ島も見えて感激しましたが、
何より汗だくの後のカキ氷。
f0098728_17175996.jpg

今までいただいたカキ氷の中で1番美味しかったと思います。
そして、キュウリも!
冷やしてある大きなキュウリ、水分補給に役に立ちます。
f0098728_1718769.jpg

お昼に山頂に到着しましたが、暑くてバテバテ、カキ氷とキュウリを頂いてから下山しました。
連休3日目の最終日、東名が混む前に戻ろうということになり、そのまま帰路となりました。
帰宅したら私はグッタリ・・・
夕方まで動けませんでしたよ・・・


大山は決して簡単な山ではないと実感。
登山靴ではなくトレッキングシューズで行きましたが、足首のサポートが足りなかったから、
帰宅したら足はパンパンでした。

さて、次はどこの山に行けるかな?
[PR]

by virgo-Ae | 2010-07-21 20:48 | 趣味

挑戦!

行ってきましたよ〜
先週下見して高度慣らしをしていたのにも関わらず、ちょっと緊張しました。
f0098728_1093412.jpg

先週はまだ登山道が全面開通していなかったので、
人もまばらでしたが、日曜日はこの通り・・・
まだ山開きしたとはいえ、まだ梅雨でもあり夏休み前なので人は少ない方らしい・・・
先週より1時間早めの7時に自宅を出発。
9時近くに富士宮口の駐車場に到着し、10時登山開始予定。
9合目の山小屋に午後3時までに到着出来るようにと、相方さんと計画をたてました。
日帰りする方も多いらしいですが、やはり高山病が怖いので身体を慣らすのに1時間、
山小屋で1日休憩して早朝山頂を目指し、山頂でしばらく散策した後に下山予定でした。

天気予報では午後から雨。
現地に付いて様子を見ながら登ることにしました。
六合目あたりからの下の景色です。
雲は多いですが、雨も降ってないしまずまずかな・・・
f0098728_1095430.jpg

富士山は山でも普通の山とは違います。
丸裸の山肌をゆっくりゆっくり歩きますが・・・
下山者の顔を見るとみんな元気そうで、
私も明日には良い顔して降りて来れると良いなって思いました。
7合目に到着した当りからポツリと雨が・・・
小雨程度でしたので、レインウエアを着るか迷いましたが、
昨年涸沢に行った時にちょっと我慢して着るタイミングを逃し失敗していたので、
今回は迷わず着ました。
7合目の次は8合目まで何もありませんし、
裸の山では雨宿りする場所もないですからね・・・
1枚ライトフリースも着ました。
この選択は大正解でした。
f0098728_10102310.jpg

トイレ休憩とレインウエアを着用してから7合目を離れ、
8合目に向かう途中で土砂振りに・・・
私、雨女? いやいや梅雨だからだよ・・・と自分に言い聞かせながら歩きました。

8合目、標高は3250m
この辺りから強風も加わり飛ばされないように歩くのが大変でしたよ。
とにかく回りに何もないので、
上からも下からも風は容赦なくこちらにむかってきます。
f0098728_1011944.jpg


8合目を過ぎてしばらくすると2人で降りてきた下山者の方達が、

これより上はとにかく強風で厳しいよ。
9.5合目で土砂崩れがあったから気をつけて登って下さい

相方さんは一瞬このときに迷ったそうです。
私達が予約している山小屋は9合目、そこまで行けるかどうか・・・
8合目から570mとありますが、ここからが急斜面。
風に吹き飛ばされないように歩くのは至難の業。
足元しか見えない状態、吹雪みたいで、視界もかなり悪く怖かったです。
スキーならゴーグルがありますが、
今回はクリアグラス入りの眼鏡が欲しいと思ったぐらい。

8.5合目当りで後ろにいた彼女に声をかけられても聞こえない・・・
とにかく風に吹き飛ばされないように一歩一歩歩くのがやっとでした。

彼女の指示でこのまま登るのは諦めることに・・・
8合目の山小屋に泊まって、早朝8合目から登っても良いよって言ってくれましたが、
私は迷わず下山を選択しました。

とにかくびしょ濡れ、寒かったし早朝まで待っても天気の回復はないと思ったうえ、
濡れたものをもう一度着ることにも抵抗を感じたからです。
下山も時間かかりました。
視界はとても悪く、足元しか見えない・・・
気がつくと登山道から外れていました。
この奥に雪渓がありましたが、よく見えないですよね・・・
f0098728_10122458.jpg

やっと8合目まで戻りましたが、この通り・・・
かなり悲惨な状態です。
f0098728_10113134.jpg

やっとの思いで5合目まで戻り戻りましたが、とにかくすべてがびしょ濡れ・・・
衣類もレインウエアを着ていても中の衣類もずぶ濡れ。
ザックカバーも二重にしていたのに中は水浸し・・・
中に水が溜まっていたぐらいです。
足はガクガク・・・
濡れたものを脱ぎたくてもどこで脱いで良いのかわからないぐらい・・・
私は車のトランクの中で脱いでトランクの中から助手席に移動するのに手間取りました。

前回イタリア人と泊まった箱根のホテルに電話をするとツインの部屋が空いているとのこと。
そこから30分ぐらいで着くので、そちらに向かいました。
びしょ濡れになったザックの中身を全てだしてお風呂場に干し、
靴もザックも干し、
濡れた衣類全てをランドリーで洗っている間に温泉に・・・
冷えた身体を温められて助かりました。
f0098728_10123762.jpg

昼も雨の中おにぎりを食べただけで、
お腹は空くけど何もしたくないぐらい疲れ果てていた私達、
夕飯を食べたのは9時近かったかな・・・

膝の裏や腰にきましたね・・・
やはり下山する時がキツかったです。

自然相手ですから、どこで断念するかの判断は難しいけど、
今回は8.5合目とあと少しだったけど、断念して良かったと思っています。

本当に富士山に登るのということは簡単ではありません。
普通の山と違う、何から何まで日本一・・・

改めて再チャレンジしたいと思います。

まずは・・・相方さんと自分にお疲れさまと言いたいです。
[PR]

by virgo-Ae | 2010-07-13 23:59 | 趣味

高度慣らし

今年の夏、富士山に登る前に高度に慣れる為、
下見がてら行ってきました。

相方さんは若い時にすでに3回登っています。
一度は0合目から一人で歩いてのぼった経験者です。
彼女に頼んで連れて行ってもらう事にしましたが、同じルートでなければ・・・ということで、
静岡側の富士宮口から登る予定です。
こちらは最短コースですが、急斜面・・・
さてどうなることか・・・

彼女自身が一度は高山病になり、
それでも先輩達に無理矢理連れて行かれてかなり辛かったという事なので、
今回は身体を高度にならす為に行ってきました。
登山家の田部井さんの本にも、
出来れば前の週に2000m級の山に登った方が良いと書いてあります。

私達以外にも下見で来て身体を慣らしている人達が数組いましたよ・・・

f0098728_11223534.jpg


f0098728_11214973.jpg


ここから6合目辺りをウロウロ・・・
最初の階段を登る時にすでに呼吸が苦しく、
馴れるまでに少し時間がかかったから、
やはり来て良かったと思います。

ついでに宝永山火口周辺を歩いてきました。
f0098728_11414639.jpg

あっというまに下から雲?ガス?があがってきます。

f0098728_11244790.jpg


2400mあたりで数時間滞在したので、身体は少しは高度に慣れたはず・・・
下に雷の音が聞こえてきたので、慌てて下山しました。

f0098728_1120106.jpg


今度はここから山頂に登ります。
富士山は他の山とは雰囲気も違い、本当に火山で噴火した山なんだなぁって感じました。

外国人の子供達のグループが来ていましたよ。
テーマパークに連れて行くより、こういう所に連れて行くのはとても良い事だと思います。
日本語で「富士山」の歌を合唱してました。
今「富士山」の歌を知らない子の方が多いのではないかなぁ?
ガイドさんの話しを耳をダンボにして聞いてました^^;

富士山は昔からHeart of Japanであったという所がとても印象深かったかな・・・

そうであるのなら、どうして世界遺産に登録されなかったのか、
この眼で確かめて来なくては・・・と思っています。
[PR]

by virgo-Ae | 2010-07-02 23:59 | 趣味

赤城山 

山と渓谷社、アルパインツアーが企画するレディーストレッキングクラブ、
別名ナチュラルトレッキングクラブの奇数月に開催される机上講座に参加しています。
偶数月は実践編です。

今迄相方さんと2人で行っていた山歩きに、
一度は団体行動での山歩きをしてたみい・・・と、私からお願いして付き合ってもらい、
女性限定のトレッキングツアーに参加してきました。


いつも2人で行き先を決め、コースを決めるのは経験者の彼女。
往復の運転もガイドも彼女・・・
自分達のペースで歩くからある意味は楽ですが、

たまには至れり尽くせりのツァーに参加してみようよ・・・と。

申込をしたのは春、しかし、その後忙しくて完全な運動不足。
今シーズンはまだ満足な歩きをしていないので、
皆さんの足を引っ張ってしまうのでは・・・と不安でもありました。

梅雨の時期でもあり、一番の心配は雨。
2人で行く時は天気が悪ければ即決取りやめにしたり、行き先変更が出来ます。
ツァーとなると出来ません。
金曜日から土砂振りの雨・・・
相方さんの家から土曜日の朝の集合場所に行く迄には始発でもギリギリだったので、
金曜日の夜に迎えに行ってきました。

そして、土曜日の朝も雨・・・
家を出る時からザックカバーをかけて、レインジャケットにレインハット・・・
すでに湿気がすごくて新宿に着く頃には髪も服も汗と雨でビショビショ・・・
しかし、雨は小振りになってました。

今回の参加者は定員一杯の25人でしたが、キャンセルが3人出たので22人。
独りで参加されている方も多く、20代から70代と幅広い年齢層でびっくり。

京葉線が暴風雨の為止まってしまった為に遅刻者もいましたが、無事に出発出来ました。
相方さんも京葉線利用者なので、前夜に来ていて正解でした。

バスに乗ったら私はすぐに爆睡。
前夜寝たのが12時すぎ、朝は4時半に起きておにぎり弁当作ったので睡眠不足では体力が持ちません。
いつも運転している相方さんの隣では寝てしまうものの、やはり気が引けてましたから・・・

行き先は群馬県の赤城山。
現地は曇り・・・思った程湿気はなくて何となくホッとしました。
ツツジが綺麗です。
f0098728_1623473.jpg

登山道入り口です。
ここから22人+女性ガイドさんに女性スタッフ2人、荷物持ちの男性一人が出発しました。
f0098728_16234596.jpg

これだけの人数で歩けるのかなぁと心配でしたが・・・
f0098728_1625552.jpg

途中見える大沼、やはり自然の中を歩くのって気持良いです!
雨上がりで緑も綺麗でしたよ!

赤城山は七つの山から成り立っています。
http://akagisan.info/
今回は、黒檜山(くろびさん、1827m)、駒ケ岳(こまがたけ、1685m)と縦走しました。
まずは、
f0098728_1626969.jpg

黒檜山山頂でお昼を食べてから駒ヶ岳に移動しました。
雲海を眺める参加者の皆さんです。
奥に見えるのが小沼
f0098728_16273747.jpg

下山出来たのは16時半位だったかな・・・
その後近くの温泉により一時間の休憩。
温泉に25人もの女性が一度に行ったので、洗い場は行列してましたよ! ^^;
温泉で一時間は女性には厳しいですよ。
急いで入ったのですぐに洗い場を取れましたが、ゆっくり入れず、更衣室のドライヤーも順番待ち。
しかし、しっかりと生ビールだけは頂きました。
やはり下山後すっきりしての生ビールは最高です。
相方さんも運転しなくて良いので喜んで飲んでました。

団体での山登り、初めはとても不安でしたが、個々に参加している方達なので、
気をあまり使う事無く、自分のペースを保てたから良かったです。
偶然にも相方さんのお隣さんがツァーに参加していたのにもびっくり。
参加者同士、偶然にも中学の同級生同士もいて・・・世の中は狭いですねぇ。

70代の方も、楽しく歩けたようで、こちらも嬉しくなりました。
なかなか良いツアーだったと思います。

自分達だけでは行くにくい場所、チャレンジしにくい場所に行く時はツアーを利用するのも悪くないと思いました。
特に女性限定なので、着替えるのもトイレもすべて気が楽・・・
歩くペースも男性とは違うので、そんなに気を使わなくてよいからね・・・

帰りの高速はピックリするくらいガラガラ・・・
PAもガラガラ・・・
サッカーの影響でしょうね。
おかげで東京には予定より早くに戻って来れました。

あんなに心配していた雨も降らず、本当に良かったです。
次はどこの山を目指そうかな・・・
[PR]

by virgo-Ae | 2010-06-20 16:56 | 趣味
line

日記のつもりで、本音も暴露? 愚痴ばかりかも... ^ ^;


by virgo-Ae
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30