2007年 03月 25日 ( 1 )


函館2日目

f0098728_1345355.jpg

朝からレンタカーをして江差までドライブしました。
午前中は雨上がりでどんよりした雲空でしたが、
途中から晴れてドライブ日和となりました。
江差は江戸時代にはニシン漁で栄えた町らしいですが、今はひっそり静かでした。
江戸幕府の軍艦「海陽丸」の姿も見えました。
この建物は国指定重要文化財指定の旧中村家です。
海産物の仲買商を営んでいた近江商人の建物です。
江差の後は松前漬けで有名な松前まで海岸線をドライブしました。

天気良くなりポカポカ陽気、
そうなると助手席にいる私は睡魔との闘いとなります。
時折うっすら眼を開けて海岸線をボッーと眺めてました。
ベッドの中ではなかなか寝つけないのに、
車、電車、飛行機の中ではすぐに寝れます^^;

松前に到着したのは1時すぎ。
日曜日だったので、どこもしまっていたのが残念。
松前漬けのお店でお土産を少し買いました。
f0098728_134535.jpg


その後は、思い切って大沼まで行こう、ということになり、
途中で北海道最古の温泉、「知内温泉」に立ち寄りました。
この辺はまだ雪が残ってましたよ。
「知内温泉」は800年続く温泉です。
f0098728_1345378.jpg

混浴の温泉には先客がいたので、岩風呂に行きました。
やはり天井が高くても、外の空気が吸えないと息苦しく感じたので、
ざっとつかって終わり。
さすが800年、そんな温泉でしたよ。
温泉の温度もかなり熱くて長く入ってはいられませんでした。--;
でも、汗はタップリかきました。

大沼に入ったのは5時近く。
ここでは流山温泉に行きました。
駒ヶ岳を眺めながら露天でボッ〜としていました。
かなりリフレッシュ出来ました。
本当は大沼ビールを飲みたかったのですが、
ガイドブックには大沼ブロイハウスは定休日は不定休と書いてあったのに休み。
残念でした。
温泉も大沼ビール園も画像は撮れませんでした。

大沼を後にして函館山に。
もちろん目的は函館の夜景です。
数年前に行ったときは主人の両親、弟家族、そして我が家と一緒でした。
しかし、子供たちが小さかったので夜景を見に行くことは出来ませんでした。
今回は念願の夜景、長蛇の列を並んでゴンドラに乗りました。
予想より早く待ち時間は10分程度でしたが、
待っている間はとにかく寒かったです。
中国人の団体が多くて、何台も観光バスが停まっていました。
f0098728_1345349.jpg


9時までにレンタカーを返さないといけなく、
函館山の頂上から夜景を観てからは、
コンビニで水等を買込んでホテルに1度荷物を置きに戻り、
函館駅近くのレンタカーに行ったら時間はちょうど。
そこから歩いてホテルに。
松風町というエリアに泊まってたので、10分弱歩きます。
飲食店は沢山あるのですが日曜日で静かな雰囲気になっていました。
生物ばかりいただいてたので、焼き魚系、特にホッケが食べたかった私。
ホテルのすぐ近くに、赤提灯に「ほっけ」と書いてある居酒屋「山吹」を発見。
中に入るとカウンター席にはお客さんが一杯。
常連さんらしき人達とマスターに
「どうしてここ知ってるの?」
「ラッキーだよね〜いつもなかなか入れないんだよ〜」
ちょっと疲れていたお刺し身もここでは美味しくて感動。
ホッケと書いてあったのに、ホッケは売りきれ。
隣にいた地元のお客さんか最後のホッケを食べてしまったとか。
贅沢にもキンキの焼き魚をいただきました。
すご〜く、肉厚でこれまて素晴らしい味です。
ここの焼き物は炭焼きなので何でもとても美味しくいただけます。
他にもアスパラと肉厚のしいたけ、ホタテのバター炒めにも感動。
お酒も新潟の「景虎」1本を2人で空けてしまいました。
北海道のお酒には純米酒はありませんでした。

地元のお客さん、マスター達と会話が弾み、ホテルに戻ったのは12時過ぎ。
とても充実した1日でした。
f0098728_134539.jpg


帰宅してからこのお店の事を調べると、本当にポイント高い素晴らしいお店なんですね。
[PR]

by virgo-Ae | 2007-03-25 23:59 | 休暇/旅行
line

日記のつもりで、本音も暴露? 愚痴ばかりかも... ^ ^;


by virgo-Ae
line
カレンダー